布団のダニ対策に天日干しってどのくらい効果あるの?


人気記事
ダニピタ君の1番お得な通販購入はこちら!
おすすめダニシート「ダニピタ君」の口コミ・評判のまとめ
ダニピタ君のトップページはこちら



天日干ししてダニを太陽の熱で焼き殺してから
掃除機で布団のダニの死骸を吸う・・・
掃除機をかけるのがめんどくさいから竿でバンバン叩いて落とす・・
これは古くから日本で信仰されてきた
布団のダニ退治方法ですが
果たしてどのくらいのダニ退治効果があるのでしょうか?
( ‘-‘* )?

 
 

実は、布団を干しても
バンバン叩いても
ダニ対策にはなんの
プラスになる効果は
なかったりするのです

天日干ししてもダニは生き残る

 

 
 
 
ダニが死滅する温度は
・50度以上!
と、されております
m(_ _)m

 
 
ここは砂漠ではなく、日本なので
真夏のあっつい日に、1日天日干ししても
温度が50度に達することはないでしょう

 
 

正確には、布団の表面温度は50度近くに達するのですが
ダニだって生きているので、死ぬほど熱い布団表面を避けて
布団の奥(内部)に潜り込んでしまいます
意外と賢い(?)んですよね
(>_<)

 
 

布団をバンバン叩くのは逆効果!

 

 
 
 
布団を竿でバンバンと叩くことで
物理的にダニを殺すことが可能です
( ‘-^ )b

 
 
ですが、ダニの死骸が布団中に飛散するため
バンバン叩いたあとは必ず、掃除機で吸い取ってください
ダニの死骸を吸い込むと、喘息などの呼吸器疾患や
鼻炎、目がかゆくなるといったアレルギー症状が起こります
もちろん、死骸はアトピーにも有害です
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

※掃除機でダニを吸い取るといっても
それほど吸い取り効果は期待できません
ダニの足が布団の繊維に絡んで吸い取りにいためです
ちなみに、ちょっと前に流行った「レイコップ」ですが
紫外線でダニは死なないし、吸引力は普通の掃除機以下なので
まったく効果はありません!
掃除機でダニを吸うときは、できるだけ吸引力が強いものをおすすめします
( ‘-^ )b

 
 

置いておくだけで1年中ダニを退治できるダニ捕りシート

 



 
 
 
わたしのブログでは、布団のダニ退治方法
置いておくだけでダニをおびき寄せて、捕獲してしまう
ダニピタくんというダニ捕りシートをおすすめしています
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
ダニピタくんは値段もお手頃価格で
市販の(高い)ダニ捕りシートよりも
ダニをおびき寄せる効果に優れています

ダニに困っているお家は一度試してみてください
効果は3日以内で現れてくれることでしょう
( -`ω-)b

 
 

ダニピタ君をおすすめする人

 
824_s
 
ダニ刺されに困っている家庭の方には、ダニピタ君がうってつけです
即効性もあり、94%を超える家庭が3日後からムズムズがなくなり
1週間後にはダニに刺されなくなったと回答
しています
ダニピタ君を使えばダニの被害にあう心配はありません
アレルギーやアトピーになってしまう前に、ダニピタ君をお使いください
また夜にぐっすり眠ることができますよ

ヽ(*´∀`)ノ

 
 
ダニの駆除をしたいけど、薬品を使うのは怖い方
ダニピタ君は置いておくだけで薬品は一切使いません
それでいて、ダニ抑制率は100%家中のダニが全滅してくれます
小さな子供やペットが触ったり、舐めたりしても健康被害といったものは起こりませんので
安心して家中のダニを駆除することができますよ

( -`ω-)b

 
 
忙しくてダニの対策が取れない方へもダニピタ君がおすすめです
ダニピタ君なら置いておくだけの簡単手間いらず!新しいダニ対策なので
布団を洗う暇がない、掃除機をかける時間がない、家庭の方も強力にサポートできます
ダニピタ君は1年中ダニ退治できるダニ対策グッズです
(*´∀`)♪

 
 

ダニピタ君の購入方法について

 



 
 
 

ダニピタ君は通販のみの販売で、市販されていません
通販の取扱店の中では、私のブログと提携している(紹介している)
ダニピタ君の公式販売店(イワミズ)からのご注文が最安値です
こちらからの購入で割引特価価格になりますので
おすすめの購入方法です
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
アナタのお家はダニピタ君がしっかりガード!
夜もぐっすり安眠できるようになれますよ

(*´ヮ`)ノ

 
 
新しいダニ対策!【ダニピタ君】

ダニピタ君の通販購入はこちら

 
 



 
 
 
 
 
 

ダニ捕りロボよりも、ダニピタ君のほうが安くて優秀!
皮膚がかゆい!チクチクして不快。眠れない?
そんな時は、「これ」をお部屋に置いてください。
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。



ダニピタ君のトップページはこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ