ダニ「日光消毒?そんなんじゃ僕たちは死なないよ(笑)」


人気記事
ダニピタ君の1番お得な通販購入はこちら!
おすすめダニシート「ダニピタ君」の口コミ・評判のまとめ
ダニピタ君のトップページはこちら



天気のいい日に布団を外に干して
日光消毒でダニ退治~♪

と、日々ダニを対策の為に布団を干している方へ
ダニ側としては、日光消毒なんて
ダニ「そんなんで僕らは死なないよ、無駄な努力お疲れさま」
・・・と思っているのかもしれませんよ
(;´д`)

 
 

ダニは乾燥が嫌いで
50度以上の高温で死にますが
天気のいい日に日光消毒~程度の
温度では、ダニは死にません

ヽ(´Д`;)ノ

ダニに日光消毒なんて効果なし!

 

 
 
 
夏場の暑い天気の日に布団を干すと
地域によっては、布団表面が50度付近まで上がるかもしれませんが
はっきり言ってしまうと
「日本の太陽熱くらいではダニは死なない」のです
ヽ(´Д`;)ノ

 
 
ダニが死滅する温度は
50度以上(50度以上の熱で徐々に死んでいく)
また、60度に達すると一瞬で死滅します

 
 

「んじゃ、50度になる日光消毒ならダニは死ぬんじゃないの?」
そう思わるかもしれませんが
布団の温度が50度になるのは「布団表面」だけです
布団の内部は、50度以下に保たれてしまいます

(;_;)

 
 

ダニだって生きてるんだよ・・!

 

 
 
 

ダニだって、暑ければできるだけ涼しいところに避難します
日光に布団を当てて干しても
ダニは50度以下の布団内部に潜り込んでしまうので
布団をただ干しているだけの日光消毒では
ダニは絶対に死にません

(`・ω・´)

 
 

かと言って布団をバンバン叩くのは逆効果!

 

 
 
 
布団を外に干して、バンバンと叩くのは
絶対にやめてほしいダニ退治方法です

 
 
布団を洗濯竿で叩けば、ダニ
布団内部から外に逃げようとして
表面に出てくる可能性はありますし
竿で叩くので、物理的にダニが死ぬ(潰される)こともあるでしょう

 
 

しかし、布団を叩いてダニを潰すと
ダニの死骸布団中にくまなく飛散してしまいます
ダニの死骸もアレルゲンになりますので
皮膚に触れればアトピーなどの皮膚炎になり
吸い込んでしまうと、喘息などの呼吸器疾患に掛かってしまう危険性も!

(>_<)

 
 

ダニ対策は布団を干さなくてもいい!

 

 
 
 
ダニを退治する方法は、布団を干すことではなく
布団をコインランドリーの大型乾燥機で回すのが
一番効果があるダニ退治方法です

( -`ω-)b

 
 
コインランドリーに行くのがめんどくさい人でも
私のブログで紹介しているような
ダニを手軽に退治できる格安ダニ退治グッズが販売されておりますので
時間・手間・お金がない人も安心ですよ
(*´∀`)♪

 
 
ランキング1位のダニ退治グッズはこちら
ヽ(*´∀`)ノ
 
 
 
 
 
 

ダニ捕りロボよりも、ダニピタ君のほうが安くて優秀!
皮膚がかゆい!チクチクして不快。眠れない?
そんな時は、「これ」をお部屋に置いてください。
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。



ダニピタ君のトップページはこちら



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ